歯列矯正1>「インプラント矯正」ってどういうの?

最近、歯列矯正が流行っています。
この歯列矯正の一つに「インプラント矯正」があります。

インプラントとは、歯の抜けた部分にチタン製の人工歯茎を埋め込み、
上からセラミックスクラウンと呼ばれる人工歯を被せ、
自分の歯のように機能させる方法を言いますが、
「インプラント矯正」とは、このインプラントとは異なります。

「インプラント矯正」とは、
従来の歯科技術では考えられないような歯のコントロールを行う方法で、
治療期間の短縮も可能になった歯の矯正方法です。

具体的にインプラント矯正の方法を述べると、
矯正したい歯を矯正すべき箇所に移動させて一時的にインプラントを顎骨に植え、
矯正後にインプラントを除去するという方法です。

インプラントはこのような使い方も可能なのです。
驚きですね。

このインプラント矯正法では、従来の歯列矯正法では抜くしかないと診断された歯でも、
抜かずに矯正できる可能性が高くなります。
抜歯は、痛くて、何日も寝込んだりする場合もありますから、
このインプラント矯正法で歯列矯正ができると嬉しいですね。

歯並びの問題で悩んでいる人は、このインプラント矯正を行っているクリニックに受診してみるというのも一つの方法です。

inserted by FC2 system