歯列矯正1>リテーナーの装着期間

歯列矯正というと、長い年月がかかるというイメージがあります。

マルチブラケットによる歯列矯正期間、
そして、リテーナーによる安定化のための期間が必要です。

矯正治療に欠かせないリテーナーですが、
リテーナーを装着する期間はどのくらい必要なのでしょうか?

マルチブラケットによる歯列矯正治療を行った際、
歯並びや噛み合せを整えた後、ブラケットを安定化させるために使用するものがリテーナーです。

そして、このリテーナーは、マルチブラケットを終了してから1年間、
歯を磨く時以外は一日中リテーナーを装着する必要があります。

2年目に入ると、徐々にリテーナーを外す時間をつくり、
キツくならないかどうか様子を見ながら、少しずつ外す時間を延ばしていきます。

3年目には、寝るときだけの装着になります。

マルチブラケットによる矯正期間も長いですが、
リテーナーを装着してからの期間も長いですね。

個人差もありますが、一般的に1年〜3年。長くなる人はもう少し長くなります。

ですが、お顔の第一印象は大切です。

口元の美しさは大切ですよね。

歯並びが気になり、歯列矯正を考える人は、
長い目でみて、きちんと治療をすることが必要です。

また、治療期間が長くなることを考えると、
信頼のおける歯科医の下での治療が何よりも大切ですね。

inserted by FC2 system