歯列矯正1>リテーナーとは

最も一般的な歯列矯正法に、マルチブラケットがあります。

このマルチブラケットによる矯正治療を行った際、
歯並びと噛み合せを整えた後に、ブラケットを安定化させるための装置をリテーナーと言います。

このリテーナーにも、全体を留めるタイプのものや、一部分だけを留めるもの、
或いは24時間つけっぱなしにしておくものや、自由に取り外しのできるものなどがあります。

色々あるリテーナーの中でも一般的に使われているものは、
入れ歯のようなものにワイヤーがついており、上あごにはめるタイプのもので、
取り外しが可能なリテーナーです。

ただ、患者さんの歯の状態や、矯正後の状態などによって、
適合するリテーナーの種類や大きさが異なりますから、
歯科医師によって適切に選ばれたリテーナー、
ライフスタイルや治療後の状態にあったリテーナーを選ぶことが大切です。

24時間つけっぱなしのリテーナーは、
安定感はあると思いますが、洗浄などを怠ってしまうと口臭の原因にもなりますし、
食事が食べにくく、ネバネバしたものなどは制限が必要になったりします。

自分で取り外し、取り付けがしっかりとできる人へは、
取り外し可能のリテーナーが便利ですよね。

事前に担当の医師と十分なカウンセリングを行った上で、検討してみてくださいね。

inserted by FC2 system